レスポートサック トキドキレスポートサック モリーレスポートサック クロマレスポートサック ハワイ限定

■レスポートサック バッグ

レスポートサック バッグを作った創業者



・・・『レスポートサック バッグを作った創業者』・・・

レスポートサック バッグについての話題をお届けします。



レスポートサックは1974年に、創設者のメル・シフター夫妻によりニューヨークで誕生したブランドです。

レスポートサックバッグの特徴は、使われている素材は、オリジナルの「リップストップナイロン」と呼ばれる特殊なナイロン素材を使用していること。
丈夫なパラシュートと同じ素材です。
リップ(破れ)をストップ(止める)ということですね!

レスポートサックバッグは、軽くて、丈夫で、汚れたら丸ごとジャブジャブ洗える。

ナイロン素材をバックに使用することは、レスポートサックの創業者夫妻がマリンスポーツに使用されるナイロン素材の丈夫さに目をつけたことからでした。

スポートサックの第1号は、ニューヨークの小さな工場で製作された、
シンプルなデザインのダッフルバックでした。

レスポートサックバッグが世に広まるまでの歴史。

1974年後半:NYのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープン。
1976年:レスポートサックの原点となるトラベルシリーズを発表。
2001年:クロマシャイン
2002年〜:スペクテイター、モノグラムラインなど

年間80種類もの新作を発表するレスポートサックバッグ
モードを敏感に感じ取り、時代とともに新しい顔を見せ続けてくれます。
レスポートサック<は、常に進化していくけれども、創立以来のこだわりを忘れないブランドなのですね。

ポーチなどの小物から旅行用のボストンバッグまで
様々なアイテムが揃い、価格もリーズナブルになっています。

1987年から日本でも発売されるようになったレスポートサックバッグ
丈夫で、軽くて、お洒落で・・・

これからもレスポートサックバッグは愛され続けること、間違いなしですね。

■レスポートサック バッグ

レスポートサック バッグの特徴



・・・『レスポートサック バッグの特徴』・・・

レスポートサック バッグについての話題をお届けします。



レスポートサックバッグは、特殊なナイロン素材でできています。
スポーティーで、軽くて、丈夫!
飽きのこないコレクション構成が大きな魅力となっています。
レスポートサックバッグは、汚れた時は洗剤で丸洗いができます。、
収納力、機能性に富んでいるので、どんな場面でも活躍します。

レスポートサックバッグは、シーズンごとに20種類ほどのプリント柄を製造し、常時80種類に及ぶプリント柄を市場に出しています。

レスポートサックバッグは、自社で抱えているテキスタイルデザイナーの他に、ゲストデザイナーを招き、「限定スタイル」を手懸ける
「デザイナーズコレクション」もあります。

レスポートサックバッグには限定商品があり、販売期間が短いので、
その場で購入しないとすぐになくなってしまいます。
入手困難・・・そのうち廃番となってしまった幻のレスポートサック
いっぱいあります。

レスポートサックバッグは、ラインナップの豊富なプリントで、大きさも各種揃っているので、仕事にもプライベートにも使える機能的なバッグです。

■レスポートサック バッグ

レスポートサック バッグ「デラックスエブリデー」



・・・『レスポートサック バッグ「デラックスエブリデー」』・・・

レスポートサック バッグについての話題をお届けします。



レスポートサックのデラックスエブリデーバッグって知っていますか?

A4サイズが横にすっぽり入ります。
名前どおり、毎日持って出かけられます。
おそろいのポーチがついていて、それが可愛い!
荷物の多いときは下側のファスナーをあけると、マチが3cmほど広がります。
カジュアルな服にぴったり!そのまま下げても、肩掛けしても素敵ですネ!

レスポートサックバッグといっても、かなり多彩!
そのラインナップをちょっと紹介すると・・・

ショルダーバッグ・トート・ハンドバッグ・ボストンバッグ・ユーティリティーバッグ・・・まだまだあります。
しかも、これら1つ1つが、さらにいろいろなモデルやバージョンに分かれています。
ポーチに関してはカテゴリーはアクセサリーズになるっていうことも初めて知りました。

TPOや用途、荷物の量、年齢層、色々な目的にあわせてチョイスできるレスポートサックバッグ

毎日どのバッグ<を持とうか、このバッグにはどんな洋服が似合うのか、
色々と考えるとわくわくしてきますよね!
おしゃれを楽しむ・・・ってこういうことなのかな。
レスポートサックバッグはそんな楽しみを教えてくれているような気がします。

■レスポートサック バッグ

レスポートサック バッグの素材と機能性



・・・『レスポートサック バッグの素材と機能性』・・・

レスポートサック バッグについての話題をお届けします。



レスポートサックのポーチやバッグって、とっても軽くて、機能性に富んでいるんです。
パラシュートクロスを使用していているので破れにくく、汚れにも強い!

レスポートサックの<バッグは、たとえ汚れても、洗剤で手洗いができる優れものです。

カジュアルに、旅行に、買い物にと、日常生活の中で使われるバッグは、軽くて、丈夫、そして、お洒落なのがいいですね。

レスポートサックバッグで一番優れていると思うのは、その軽さ、丈夫さです。しかも可愛い!
中身がカラっぽの状態で、すでにズッシリ重量感があったら、とてもカジュアルバッグとしては機能しませんものね。
どんなに軽くても、可愛くなければ持ちたくないし・・・

レスポートサックバッグは、収納に便利なファスナーや内ポケット、外側のポケットなどが欲しい程度についていて、機能性は言うことなし!

私が一番好きなレスポートサックバッグはモリー。台形で底マチがついていて、しっかりしているので使いやすいです。
お弁当や書類、なんでもそのままの形で入っちゃうのが嬉しいです。
その次は、小さめサイズのショルダーバッグ。「スモールショルダーバッグ」です。
小さ目サイズでも、マチが10cmあるので、お財布、化粧ポーチ、携帯など、身の縄利のものを収納するのにちょうど良い大きさ!
フロントとバックに便利なファスナー付ポケットも付いていて、使いやすいんです。
普通に肩掛けにしてもいいし、ナナメ掛けもOK!
柄も豊富で、お値段もお手ごろなので、季節ごと、デザインが変わるごとにチェックしておきたいレスポートサックバッグです。

■レスポートサック バッグ

レスポートサック バッグのデザイン



・・・『レスポートサック バッグのデザイン』・・・

レスポートサック バッグについての話題をお届けします。



レスポートサックバッグは、オールシーズン使えるものが多いけれど
、色やデザインで「この季節に合う!」っていう商品もあります。

例年4〜9月が春夏物で、10月からが秋冬物・・・。
レスポートサックのバックで、茶系の濃い目のものや、ブラック、などはやっぱり秋冬っぽいイメージがあるし、ブルー系、ピンク、白だったり、花や鳥なんかの柄はやっぱり春に持ちたいですよね。
クローゼットの中も季節によって変えるように、レスポートサックのバックも季節感のあるものを、すぐ手にとれる場所においておきたいです。

レスポートサックバッグは季節によって20種類ほど、年間80種類の新デザインが登場します。
下手をすると、今持っているレスポートサックバッグがどんどん古いものになっちゃうということもあります。

レスポートサックバッグは新作が出るたびに買わないと、なんだか流行から取り残された気分になってしまうのです。
レスポートサックバッグを一度好きで持ち始めると、きっとコレクターになること間違いなし!
値段もお手ごろ価格だし、種類も豊富なので、ぜひ集めてみてはいかがですか?

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。